<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

to be continued

どどどどどどどど!


眠いし疲れたし精神的に参るし余裕ないし馬鹿だしあほだし

うぇ、 どうしようかね。


毎日同じ文章を読みすぎて吐き気がします
でも毎日良い方向に変化はしているので嬉しくもなるんだな

ま、結果が出なきゃ意味がないわけなんだが。


私はとりわけ「結果」を重視します。
結果を出すまでにどんな過程を辿ってきたに関わらず、とにかく結果です。
結果がなければ意味はないと思ってます。
過程の方が大事というけれど、結果が伴っていなければ説得力に欠ける。

しかし今の自分にはその結果が伴っていない。これは困った。
というわけで必死に過去から現在までを思い起こして探してるとこ。
ちょっとずつだけど見つかってきた、まだまだ足りないけれど。インパクトがない。

今までの自分の生き方には後悔していないけれど、
どうすればもっとウマイこと生きれたのかなって考えることはある。

あー… 意味分からんねー



フルでフレストで頑張ってきたから結果出したいな…
これ全部ダメだったら私ノイローゼになっちゃうよーそれこそ全否定だ。人格否定。

私が築き上げたものと自分の選択の正しさを証明する為に私は頑張るよ。
頑張るって12月に決めたんだから、恥かくようなことはできん。

ストイックに、ストイックに。
まだまだイケる。
こんなの限界じゃない。



ってことで、これからもうちょっとがんばろー エイエイオー
負けないんだかんなーーーーー!
[PR]
by xx_kaori_loop_xx | 2009-06-30 01:56 | diary

cannot

もう無理。

なんなのーわけわかんない。
腹立つし、言いたいこと何も言えてないし、もちろん伝わってないし。
もう少し我慢したらどうなの、あと2日の辛抱なのに何。
結局自分中心に私の時間も考えも回してるでしょ。
何なの、本当にそれって理解してるって言えるの。言えるわけない。
自己完結とか本当に自分勝手、こっちの意見は?

人を相手に面倒くさいって言うのはよくないって大好きな友達が言っていたけど、
ごめんなさい、こればっかりはほんとうに面倒だと思っちゃうよ。
[PR]
by xx_kaori_loop_xx | 2009-06-24 02:50 | diary

memo

早く寝なきゃいけないのは分かっているし、
とってもとっても寝たくてしかたないのだけど。

自分のあほさを痛感!

数字に弱すぎると痛感!

どうしましょ。
小学生向けのドリルでも買おうかな(笑)結構本気だが(笑)

高校生の時からやり直したいな~戻りたくはないけどさ。


とりあえず自分は、
人の前に立つこと、人を先導すること、人を助けること が好きで得意。
そして、計画性、分析力、論理的思考がほぼ皆無であることが分かりました。

どういう風に見られるのであろうかが分かりますね。
あれだけ少しの問題にちょろっと答えるだけで自分でも理解できる。
そんなの結果を知ることのできる相手は、もっと理解するのでしょうよ。

怖い怖い。
っていうか、こんなんで大丈夫なのかなって。思うわけで。ええ。



基本的にミーハーだからそこは大衆と同じように流れるよね。
やっぱりよくないのかな
この1ヵ月で結構視野は広げたつもりだけど、まだまだか。

ああーーー どこもだめな気がしてくるよーー

ばーかばーか
毎日ドリルドリル。頭の中を改造したい!賢くなりたい!
数字に強くなるにはどうしたらよいのかな?



明日は大好きな友達と漫喫に引きこもります。うい。
[PR]
by xx_kaori_loop_xx | 2009-06-16 00:04 | diary

by myself

就職活動もスタートし、毎日考えることが多くなりました。
まだ早いんじゃない?と言われることも少なくないけれど、早いに越したことはない。
こうやって動き出すために欲を断ったのだから、自信を持たなくては。

けれども不安は大きくて、何もない自分に驚きと焦りを感じるばかり。
とにもかくにも、自分ってちっぽけで無能なんだなーって思います。

うん、どうしようか…!


とりあえず、明日もセミナーがあるので頑張るしかならん!
モチベーションを高く、志を高く持とう。
これの維持が難しいんだよなあ~


*


今週のゼミで、「一人と一匹」という映像作品を見ました。

これは多摩川河川敷沿いに住むホームレスと野良猫たちを
追ったNHKが制作したドキュメント番組です。
映像技術という点からはあまり評価が高くないようだけど、
取材の姿勢やジャーナリズムという点では本当に素晴らしいと評価されているそうです。

物事の真実、本質を追究し、徹底的な取材を通してそれを伝える。
ディレクターの想いは番組からひしひしと伝わってきました。

なかなか報道マンに自分の本当の姿なんて伝えにくいと思う。
けれども、作品に登場するホームレスの方々はありのままの姿を曝け出している。
ありのままの姿、を余計な加工をすることなく伝えられていました。

この作品は先週見た映像作品2本と同様に、
「今ある生活が当たり前だと思ってはいけない」ということを私に教えてくれました。
これに気付くまでに20年間もかかったことが恥ずかしいです。

人は誰しも平等な権利を持っていて、それは正当に扱われるべきこと。
なのに、生活様態が違うだけで、それを忘れてしまったり、
忘れて人として道を外れた行動をしたり。

そう、生きている・生きられるだけですごいんです。
生きることを放棄していないだけでも充分に評価されるべきなんだ。
今まで冷ややかな視線を送ってしまっていた私は最低だ。


自分がいかに恵まれているか、当たり前は当たり前じゃない、
と気付いた時、私はまた涙を止めることができなかった。

現実を知れただけで良い。
たくさんのことをもっともっと知っていこう、と思いました。

私にはまだまだ議論するほどの力と分析力はなくて、
自分の中で感じたことを消化していくので必死だけど…
少なくとも1年後には自分の中の何かが変わっていてほしい。


オチもなく陳腐な言葉しか綴れず情けないなー!
変化!
[PR]
by xx_kaori_loop_xx | 2009-06-13 22:06 | diary

love and peace

昨日は自分的に壮絶な日でした。
あんなに気分のアップダウンが激しかった日は珍しい…!

そもそもの発端となった出来事は金曜日の授業でした。
戦争報道を専門とするジャーナリストの方が御講演して下さいました。
私がゼミで学んでいることのバックボーンとなるような考え方をお持ちの方で、
改めて、物事の裏側を常に見ていく姿勢の大切さを感じることができました。

しかしその時に見た映像があまりにも酷なもので、忘れることができませんでした。
脚色されていないリアルな映像をそのまま見せて下さったので、
それこそ“物事の本質”である、今ある現状・まだ見ぬ世界を教えて下さいました。

講演会中、気分が少しずつ悪くなるし気持ちは落ち込む一方だし、
どうしようかと思いましたが、そのままゼミへ。
ここでもまた衝撃的な映像を鑑賞し、議論をすることとなりました。

ここで見た映像はNHKで放送された番組で、
視聴率こそ低かったものの、多くの人が知らないであろう世界をしっかりと映し出していました。
私はその映像も脳裏に焼き付き、忘れることができません。

2つの映像に共通していることは、
“世の中にはこういう世界・現状がある”ということを訴えている点でしょうか。
少なくとも私にはそう映りました。

自分がいかに幸せな生活を送っているのか、
そしてその幸せをごくごく当たり前のように感じているのか。

幸せを感じることは生活の中で多々あると思います。
それは人それぞれであって、小さなことから大きなことまで様々だと思います。
例えば私なら、おいしいごはんを食べている時にすごく幸せだなって思ったりします。
しかし、そういう生活があるのはなぜなのか?
そういう生活の中にある幸せはどうしてごく自然に其処にあるのか?
私は映像を見てから、そんなことばかり考えてしまいました。

自分には関係のないことだと思っていたけれど、
例えば今、私の住む地域でテロが起きて被害者として巻き沿いをくらったら…
病気に突然かかり、手足が全く動かなくなったとしたら…
五感が使えなくなったとしたら…天災が突然襲い掛かってきたら…殺されたら。
そんなことをぐるぐる考えてしまったんです。
そう、幸せなことは当然ではない、誰にでもどんな時にでも不幸は襲い掛かってくるものだ。

自然とそうやって考えられるようになりました。
これは進歩なのかどうか分からない。今頃気づいたのと思う人もいるかもしれない。
けれども、今まで当たり前のように生活をしてきた私にとって、
知らない世界が本当に本当に無残で残酷で寂しい世界であると知り、
自分のおかれている状況に強く感謝をすると共に、不安でいっぱいになったんです。

そう、不安!
これが一番大きいんです。
いつ自分が不幸になるかも分からない現在、不安しか残りません。

そんなことを考えていたらふと涙が止まらなくなり、号泣に至りました。
怖いです。私は大丈夫なんだろうか、もっと上へなんて贅沢なことを言っていいのだろうか。
のうのうと今を生きていていいのだろうか。

その涙はどうして突然止まらなくなったのかよく分かりません。
その涙によってその時横にいた2人の年上の方が感心していたのかも分かりません。
でも分からなくていいのかもしれない。
私が裏側・現状を知ったというだけで大きな進歩になったのかもしれない。

これからの未来、私はあの時受けた衝撃と自分の涙を忘れずに生きてきたいです。
忘れた時は絶対に振返る時間を作ろうと思う。


だから大丈夫、怖がっちゃいけないんだよね
[PR]
by xx_kaori_loop_xx | 2009-06-08 00:04 | diary


ぐるぐるぐる


by xx_kaori_loop_xx

プロフィールを見る
画像一覧

kaori

東京生まれ
東京・海外育ち

4月から社会人
長野に飛びます


音楽がすきです


どこにも書けない想いをここに


*

以前の記事

2011年 03月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

エキサイトミュージック:...
アカネさんをくださいっ!
じゅぼん隊がゆく
こんちわ (*^▽^*)ノ♪
春風が吹く。
笑☆楽
たわごと日記
ひとりごと
*五月の雨*
4月バカ
椿屋四重奏・中田裕二「K...
REMIOHEAD
★空色の世界★
こころの南風。
雨のち虹
◇HORIZONの先には...
Never everla...
Numbers☆
音速ロメン
*Vuu-antan-好...
ひとりじゃない!!
ソライロノキボウ
Sing, Lad & ...
☆I am a tent...
* ひだまりの種 *
椿屋四重奏 tour06...
エキサイトミュージック連...
エキサイトミュージック連...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧